拙ブログはこれまでライブドアブログを利用してきましたが、このたびレンタルサーバを借り、WordPressに引っ越しました。ついでに、デザインも一新しました。

タイトル画像やPROFILEページがとりあえず版だったり、ファビコン設定がまだだったりなど、作りかけの部分は多少残っていますが、とりあえず全体的には何とかかたちになりました。

 

▼こちらが旧ブログ。かなりテキスト&テキストしています

 

▼こちらが引っ越し&デザイン一新後。だいぶビジュアルに(タイトル画像はダミー)

 

使ったテーマはフリーのSight。妻のWebサイトと同じテーマでして、まずはほぼ同様に設定(設定内容はこちら)。プラスして、いくつかカスタマイズや設定をしました。主に下記になります。

  • パーマリンクのカスタマイズ
  • 縦棒+下線の見出し作成(h4タグのカスタマイズ)
  • 「コード用ボックス」の追加
  • ZenBackの組み込み
  • ビジュアルエディタの自動整形停止

これから、そのメモをちょくちょく残していこうと思います。今回は上記から、パーマリンクのカスタマイズを取り上げます。

旧ブログと同じ形式のパーマリンクにカスタマイズ

WordPressのパーマリンクは標準で「/?p=投稿ID」という形式です。一方、引っ越し前の旧ブログのパーマリンクはライブドアブログ形式(?)の「/arcives/投稿ID.html」でした。これまでソーシャルメディアなどで得た被リンクを切らさないため、WordPressへの引っ越し後も、旧ブログと同形式のパーマリンクを踏襲しなければなりません。

そのため、パーマリンクをカスタマイズしました。具体的には、[設定]→[パーマリンク設定]にて、[カスタム構造]をオンにして、次のように設定しました。

/archives/%postname%.html

 

 

postnameは本来、投稿タイトルですが、ライブドアブログからエクスポートすると、うまい具合に各エントリの投稿IDがそのまま投稿タイトルになるので、この設定で旧形式のパーマリンクに設定できます。これでパーマリンクを無事踏襲でき、これまで得た被リンクがクリックされても、切れることなく、ちゃんと今まで同様に見られるようになりました。

 もし、エクスポート時に各エントリの投稿IDがそのまま投稿タイトルにならなくても大丈夫。「/archives/%postname%.html」の「postname」の部分は、投稿画面のタイトル下にある[編集]をクリックすれば、あとから自由に編集できます。

▼薄黄色地の部分を編集できます

 

また、これから新たに投稿するエントリのパーマリンクについても、同様に自由に設定できます。投稿タイトルそがそのまま使われるため、どうしても長めのURLになりがちであり、何かと不便です。そして何よりも、日本語混じりのURLだとBuffer短縮URL自動変換機能に対応できないようです。なので、面倒ですが毎回英数字に編集しなくては・・・

 

 参考情報メモ